入社を決めた理由は「一緒に面白いことをやろう」という言葉

技術部

Y.T - 2020年 新卒入社

入社を決めた理由は「一緒に面白いことをやろう」という言葉

技術部

Y.T - 2020年 新卒入社

01アクティブコアへの入社理由

私は、「プログラミングの技術基盤を身につけることができ、幅広い開発工程に関われる環境」を軸に就職活動を行なっていました。自分に何が向いていて、何を面白がれるのかが当時分からなかったため、技術分野等は特に拘らず様々な企業様とお話させて頂きました。その中の1つが、とある就活サービスで紹介されたこのアクティブコアです。当時は事前情報も把握する間もなく面談に伺いましたが、最終面接終了後には、就活の際の軸にぴったりな環境だと感じました。また小さい頃から仲間内の旅行やイベントを企画することや、何かしらを作る・組み立てるという作業が好きだったことに加え、大学院時代の研究でプログラミングを扱っていたこともあり、AI技術を用いたモノづくりに魅力を感じました。特に印象に残ったのは、100%自社開発でサービスを提供している点、そして開発における色んなフェーズに携われるという点でした。最終的に、アクティブコアを含め3社ほど内定を頂きましたが、社長である山田さんの「一緒に面白いことをやろう」という言葉に惹かれ、入社を決めました。

02学生時代に打ち込んだこと

学部時代は、フォークソング部に所属してバンド活動に励んでいました。主にはコピーバンドが中心で私はベースを担当していました。当部活では、オーディションを勝ち残った数バンドしか定期演奏会に出演できず、オーディション前は練習時の録音を聞いたり、メンバー内で話し合ったりして、どうすればバンド全体でよりよい演奏ができるかばかり考えていました。その成果もあって、無事に定期演奏会には出演でき、プロバンドが演奏しているようなステージから見た光景は今でも鮮明に覚えています。大学院に入ってからは活動の機会がほとんどなくなり、これからもそのような機会はあまりないとは思いますが、趣味としてのんびり続けていきたいと思います。

02学生時代に打ち込んだこと

学部時代は、フォークソング部に所属してバンド活動に励んでいました。主にはコピーバンドが中心で私はベースを担当していました。当部活では、オーディションを勝ち残った数バンドしか定期演奏会に出演できず、オーディション前は練習時の録音を聞いたり、メンバー内で話し合ったりして、どうすればバンド全体でよりよい演奏ができるかばかり考えていました。その成果もあって、無事に定期演奏会には出演でき、プロバンドが演奏しているようなステージから見た光景は今でも鮮明に覚えています。大学院に入ってからは活動の機会がほとんどなくなり、これからもそのような機会はあまりないとは思いますが、趣味としてのんびり続けていきたいと思います。

03今後アクティブコアでの目標

入社理由でもお話しをしたように、当面の目標は技術基盤を身につけることです。私は将来的にはプログラミング技術だけでなく、お客様に寄り添ったSE寄りの業務にも携わりたいと考えていますが、どちらにしてもそのためにはしっかりとした技術基盤が必要です。 まずはこれから始まる研修を通して、コンピュータの基礎的な部分から実践的なプログラミング技術まで基礎から学びたいと思います。私の場合、基礎の定着よりも実践が先走ってしまうことがあるので、これからの研修を機に基本的なことからコツコツと積み上げていきたいと思います。

就職活動中の方へメッセージ

今、就活をしている方の中で、「辛い」とか「しんどい」といったマイナスな感情を持っている方は少なくないと思いますが、ひとまず就活を楽しんでみることをお勧めします。業界や企業について学べる貴重な機会ですし、ポジティブな気持ちで挑んだ方が相手にも良い印象を与えます。私は面接や面談の際も、人事の方と気軽に楽しく話す気持ちで臨んだ結果、あまり緊張もしませんでしたし、自分の良さを相手に知ってもらえたと思います。もちろん、私の経験談が皆さんに当てはまるとは思いませんが、これを読んで、少しでも「就活ってそこまで気負わなくてもいいのかも」と思ってもらえたら幸いです。

← 前へ 次へ →