アクティブコア、課題研究の集大成をユーザが発表する
「第2回 ユーザ分科会 最終発表会」を開催

データ分析・レコメンド・マーケティングオートメーションで企業マーケティングを支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、2019年12月に、1年間の研究成果を発表する「第2回 ユーザ分科会 最終発表会」を開催いたしました。2018年4月にユーザ企業をメンバーとする「第1回ユーザ分科会」が発足し、1年にわたる研究活動を終えた2019年には、新たな参加企業による分科会の第2期をスタートしました。今回は4つのテーマに分かれて研究を進め、ユーザ様自らがその最終成果を発表されました。

ユーザ同士の交流のなかから発生した、様々な気づきや分析を踏まえ、機能改善やマーケティングの知見向上につながる有意義な会として、今後も継続開催を予定しております。

ユーザ様による分科会最終発表の様子

アクティブコア ユーザ分科会について

業種・業態の違うアクティブコアを利用するお客様が、それぞれの持つ課題や悩みの共有、課題解決に向けての意見・アイデアなどを出し合い、当社製品「activecore marketing cloud」を通じて研究を進めるものです。

第2期分科会は、「CVR向上研究会」、「AI研究会」、「分析研究会」、「カスタマージャーニー研究会」の4つの研究テーマを掲げ、ユーザ様有志により2019年4月に各分科会を 開始しました。2019年8月に実施した中間発表をはさんだ約9カ月間、業務の合間をぬって研究を進め、今回の最終発表に至りました。

各分科会のテーマと発表概要

ユーザ様による分科会最終発表の様子

CVR向上研究会

「メルマガ経由のCVR向上を図る」をテーマに取り組みを進め、議論してきました。最終発表では、各社の取組結果とCVRが向上の成果を発表しました。

AI研究会

「AIを活用して日々の業務を効率化し、自社サービスを考えるための時間を確保すること」をテーマに、各社の課題共有とAIでのアプローチ方法を議論しました。 最終発表では、作成した学習モデルを利用した施策の実施内容と検証結果についての活動報告を発表しました。

分析研究会

「長期優良顧客(LTV)の可視化」をテーマに、各社の課題共有と可視化・分析から検証アプローチ方法を議論しました。最終発表では、データ分析の実施内容と検証結果についての活動報告と、今後の業務活用について発表しました。

カスタマージャーニー研究会

カスタマージャーニーマップの作成をテーマに、中間発表で1社のマップを発表。最終発表では、残りの参加企業である3社のカスタマージャーニーマップを作成し発表しました。

今後もユーザ様同士が成果を共有し、研究結果から導き出された貴重なご意見や新たなアイデアをフィードバックいただくことで、「activecore marketing cloud」の機能の充実と改善、ユーザ満足度向上につなげてまいります。

■お問合せ
株式会社アクティブコア 営業部 :井ヶ瀬(いがせ)・清水

activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。
※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。