アクティブコア、LINE上で、パーソナライズされたお薦め情報の配信を強化

データ分析・レコメンド・マーケティングオートメーションで企業マーケティングを支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、「activecore marketing cloud」のメッセージ配信機能強化の一環として、Web行動履歴データや応募・購入情報をもとに抽出したユーザ(会員)に最適な情報を、LINE上で複数表示できるカルーセル形式でレコメンドする新機能を提供開始いたします。

LINEでのカルーセル形式による複数レコメンド表示イメージ

会員にあわせてパーソナライズした、複数のレコメンド情報を配信

LINEのユーザ数は日本国内で月間7,900万人以上と言われています。(※2018年12月時点)
LINEを活用した会員へのアプローチが重要性を増している現在、LINEアカウントを活用したOne to Oneコミュニケーションの強化が求められるようになりました。

「activecore marketing cloud」では、会員のWeb行動履歴や閲覧履歴を用い、それぞれの会員にあわせた最適な情報を抽出して、Web上やメールでお薦めするレコメンド表示機能を提供しています。今回、Web上やメールでのレコメンドに加え、LINEでのメッセージ配信機能を強化し、複数の情報(商品)をレコメンドできるカルーセル形式でのメッセージ配信を実現させました。

これにより、会員がWebサイトで閲覧した情報や実際に興味を持って選択した情報、またそれに類似したコンテンツなど会員の状況や求めるものにあわせて、内容や表示する個数が最適化されカルーセル形式によりお薦め情報を配信できます。 会員にあわせた情報が横方向に複数表示されることで、会員ごとにパーソナライズされた最適な情報が提供でき、ユーザの満足度向上と売上拡大が期待できます。

※カルーセル形式は、複数のカラムオブジェクトをユーザがスクロールして閲覧することのできるものです。

■お問合せ
株式会社アクティブコア 営業部 :井ヶ瀬・清水

activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。
※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。