アパレルメーカー・トゥモローランド、顧客体験の向上・ブランディング強化を目的とした コミュニケーション基盤としてアクティブコアマーケティングクラウドを採用

データ分析・レコメンド・マーケティングオートメーションで企業マーケティングを支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、アパレルメーカーの株式会社トゥモローランド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐々木 啓之、以下 トゥモローランド)に、デジタルのコミュニケーション基盤として「activecore marketing cloud (アクティブコア マーケティングクラウド)」が採用されたことを発表いたします。

導入に至った背景

トゥモローランドは「モノづくり」「買い付け」「店舗表現」「販売」まですべて自社で手掛けることにこだわり、幅広いスタイルのショップを展開しています。 同社では、これまで店舗会員・EC会員にそれぞれメールを利用したコミュニケーション施策を実施しておりました。 今後に向け、より一層のブランディング強化と顧客体験の向上を目的に、実店舗の会員情報とECを含むWebサイトの行動情報を統合。お客さま個々の購買行動や嗜好性を加味したきめ細やかなコミュニケーションを実現するために、アクティビティの可視化から最適な商品のレコメンド、及び効果検証までを一つのプラットフォームで実現できる「activecore marketing cloud」がデジタルマーケティングの基盤として導入されました。

リアルとWebの顧客データを統合し、1to1コミュニケーションの実現

実店舗とWebにおける会員・非会員の売上情報を「activecore marketing cloud」へ取り込むことで店舗毎の売上状況や会員アクティビティの可視化、加えて会員一人ひとりの直近の興味関心に応じたレコメンドが可能になりました。さらには会員ランク情報や保有ポイントを活用することにより、ランクダウンやポイント失効へのフォローを自動で行うことが可能になりました。

「activecore marketing cloud」活用イメージ

トゥモローランドご担当者様からのコメント

弊社では店舗会員・Web会員に対してそれぞれ一律のアプローチを行っておりましたが、「activecore marketing cloud」の導入により、お客さま個々に合わせたきめ細やかな1to1コミュニケーションが可能となりました。 今後は店舗とWebを跨いだ顧客動向の可視化など、分析部分も順次強化していくことにより会社全体のデジタルマーケティングの基盤として活用していきたいと考えております。

株式会社トゥモローランド EC部 部長 樋口 智宏氏

■お問合せ
株式会社アクティブコア 営業部 :井ヶ瀬・清水

activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。
※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。