ミズノ公式オンラインショップ、マーケティングオートメーション(MA)基盤として アクティブコアのマーケティングクラウドサービスを採用

データ分析・レコメンド・マーケティングオートメーションで企業マーケティングを支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、ミズノ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:水野 明人)が運営しているミズノ公式オンラインショップ「MIZUNO SHOP」の会員向けマーケティングオートメーション基盤として「activecore marketing cloud (アクティブコア マーケティングクラウド)」が採用されたことを発表いたします。

導入に至った背景

MIZUNO SHOP」では、サイト内のレコメンドや会員に対するメール施策において、よりスピード感を持ち、考えた施策を簡単に実施したいという課題を解決すべく様々なマーケティングオートメーションを再検討した結果、国産自社開発でレコメンドからマーケティングオートメーションまでをワンプラットフォームでシームレスに実現できるアクティブコアの「activecore marketing cloud」をマーケティングオートメーション基盤として、導入するに至りました。

デジタルマーケティングの強化とAIの活用

「activecore marketing cloud」の導入により、「MIZUNO SHOP」上の行動履歴・属性情報・購買履歴など、会員に関する様々な情報を統合でき、会員の可視化や、多品目に及ぶ商品の中から、最適な商品をWebやメール上でレコメンドしたり、会員一人ひとりのライフスタイルやライフステージに合わせたカスタマージャーニーの設計で1to1コミュニケーションを図ったりすることで、会員のライフタイムバリュー(LTV)の最大化が容易となります。 また、アクティブコアのAIエンジン「ピタゴラス」の活用により、購買意欲の高い見込み客の自動抽出、より精度の高いレコメンド、会員に対する情報配信時間の最適化を実施することができるので、会員に対する1to1コミュニケーションの精度も向上します。

デジタルマーケティング基盤活用イメージ

ご担当者様からのコメント

メーカーとしてファンつくり、EC拡大をどのように進めるかを検討した結果、今まで以上のデジタルを活用したコミュニケーションの強化が必要と考えました。それを達成するには国産自社開発、かつ、データ統合からアクションまでワンプラットフォームで実現でき、更にAIの活用で、より精度の高いコミュニケーションを実現することのできる「activecore marketing cloud」ならば、会員とのコミュニケーション強化から、LTV向上まで実現できると思いました。

ミズノ株式会社 リテイル営業部ネット販売課 次長 石井 洋 氏

■お問合せ
株式会社アクティブコア 営業部 :平田・井ヶ瀬

activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。
※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。