自然派化粧品通販サイト「草花木果」、顧客の可視化から1to1コミュニケーションを実現する マーケティング基盤としてアクティブコアのマーケティングクラウドサービスを採用

データ分析・レコメンド・マーケティングオートメーションで企業マーケティングを支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、植物の天然成分を活かしたスキンケア商品を販売する株式会社キナリ(本社:東京都品川区、取締役社長:乗松 伸一、以下キナリ)の運営する「草花木果」に、デジタルマーケティング基盤として「activecore marketing cloud (アクティブコア マーケティングクラウド)」が採用されたことを発表いたします。

導入に至った背景

キナリは、「日本の自然が持つゆたかな生命力を、肌にまっすぐ届けたい。」という思いをもとに、通販化粧品ブランド「草花木果(www.sokamocka.com)」を運営しています。
「草花木果」では、これまで顧客向けのコミュニケーションにおいて、マーケティングオートメーションツールによる顧客ランク・購買商品に応じたセグメントメールの自動配信やレコメンドエンジンによるWeb上のパーソナライズを実施し、広告効果測定においても特定のツールを利用していました。それぞれの機能が別々のプラットフォームで稼働していたため、マーケティングPDCAの運用が煩雑になっておりました。この課題を解決するために、今回広告効果測定の最適化からWebとメールによる1to1のコミュニケーションまでワンストップで実現可能な「activecore marketing cloud」の導入を決意しました。

広告効果測定からチャネルを横断した1to1コミュニケーションをワンストップで実現

「activecore marketing cloud」を導入し、広告クリックデータからWeb行動履歴、Web・電話・FAXの購買情報まで顧客軸で統合することで、Webやメールといったチャネルをまたいだ1to1コミュニケーションの実現が可能になりました。広告効果測定においても広告クリックデータと基幹の売上情報を紐づけることで、これまでのCVを軸にしたCPA・CPOの分析から累計購入回数や金額を軸にしたLTVの指標で最適化ができるようになりました。

「activecore marketing cloud」活用イメージ

キナリ様Webサイト「草花木果」

キナリご担当者様からのコメント

これまで複数のツールを利用して広告効果測定からLTV向上に向けたWebとメールによるコミュニケーションを実施しておりましたが、お客様とのコミュニケーション手法が複雑化するにつれ、マーケティングのPDCAを素早く回すことが課題となっておりました。アクティブコア マーケティングクラウドは、ワンプラットフォームで顧客軸のデータ統合から広告効果測定、Webとメールによる1to1コミュニケーションが実現できるため、大変満足しています。

株式会社キナリ マーケティング部 部長 杉原 眞仁氏

■お問合せ
株式会社アクティブコア 営業部 :平田・井ヶ瀬

activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。
※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。