楽天西友ネットスーパーマーケティング、マーケティングオートメーション(MA)基盤として アクティブコアのマーケティングクラウドサービスを採用

データ分析・レコメンド・マーケティングオートメーションで企業マーケティングを支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、楽天西友ネットスーパーを運営している楽天西友ネットスーパーマーケティング株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:小森 紀昭、以下 楽天西友ネットスーパーマーケティング)に会員向けマーケティングオートメーション基盤として「activecore marketing cloud (アクティブコア マーケティングクラウド)」が採用されたことを発表いたします。

導入に至った背景

楽天西友ネットスーパーは2018年8月14日に新たにオープンしました。生鮮食品から日用品まで、毎日の必需品が買えるネットスーパーとして、日々多くのユーザが来訪されます。取扱いの品目も数多く、ユーザの購買行動も多岐にわたります。そのような中で、ユーザ一人あたりの買い回りや購買単価を上げていくためには、一人ひとりに適切なアプローチが必要となります。楽天西友ネットスーパーマーケティングでは、ユーザのネットスーパー上の行動履歴・購買履歴などを統合し、最適な商品のレコメンドからキャンペーン訴求などの1to1アプローチを一つのプラットフォームで実現できる「activecore marketing cloud」をマーケティングオートメーション基盤として、導入されました。

ユーザの可視化と1to1コミュニケーション

「activecore marketing cloud」の導入により、Web行動履歴・属性情報・購買履歴や利用エリアの情報をユーザ単位で統合し、ユーザの利用度や購買傾向の可視化が容易にできるようになります。さらには、統合したデータよりユーザのセグメンテーションが容易となり、メールやWebサイト上のキャンペーン訴求や商品レコメンドといった1to1コミュニケーションの実行まで、1つのプラットフォームで実現でき、買い回りや購買単価向上のためのPDCAが素早く回せるようになります。

「activecore marketing cloud」活用イメージ

ご担当者からのコメント

ネットスーパーでは、購買傾向や利用エリア等に応じて、ユーザに対するアプローチを変えていく必要があります。「activecore marketing cloud」の導入により、ユーザに関する様々なデータを統合することができ、利用状況の可視化や1to1のアプローチが容易になることから、最良な顧客体験を届けることで、会員の活性化へつなげていけると期待しています。

楽天西友ネットスーパーマーケティング株式会社 マーケティング部 部長 永桶 涼太 氏

■お問合せ
株式会社アクティブコア 営業部 :平田・井ヶ瀬

activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。
※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。