マーケティングクラウドに新機能として 個客対応の「Web 接客機能」を搭載

スマホやタブレット、PC等、どのデバイスでも購買意欲を喚起

データ分析・アクションで経営を支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田賢治、以下 アクティブコア)は、マーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」(アクティブコア マーケティングクラウド)」に、新機能として個客対応の「Web接客機能」を搭載いたしました。

今回追加されました個客対応の「Web接客機能」は、アクティブコアが「activecore marketing cloud」のさらなるマーケティングオートメーション※1化を実現するものとして、新機能として搭載されるものです。「activecore marketing cloud」で構築したプライベートDMP※2から、購入客と類似する見込み客を抽出し、「アクション」としてレコメンド※3メール(例えば、クーポンが表示されるWebサイトへのリンク付レコメンドメール等)を送信します。

顧客一人ひとりの行動履歴に応じて、マーケティングシナリオを作成できる「activecore marketing cloud」の「シナリオビルダー」※4機能を利用し、その先の顧客の行動履歴に合わせた、適切なマーケティングシナリオ(Web接客シナリオ)を実行していくことができるものです。

※1)マーケティングオートメーション(Marketing Automation) :興味や関心、行動が異なる個々の顧客との個別なコミュニケーションを行うデジタルマーケティング分野において、個別ゆえに煩雑となる業務を自動化するために開発された情報システム。
※2)プライベートDMP (Data Management Platform) :データを一元管理し、分析を行い、アクションへと繋げていくデータ管理プラットフォームであるDMPの一つで、Web上の情報だけでなく、企業データや外部データ等も統合して分析する企業独自のプラットフォームのこと。
※3)レコメンド(Recommend) :ユーザが関心を持ちそうな情報を推薦する手法のこと。
※4)シナリオビルダー:「マーケティングオートメーション」を簡便に操作できるツールとして、マーケティングシナリオを簡単に構築できるツール。管理画面に従って条件を入力するだけで、自動的にターゲット顧客について、顧客ひとり一人に合わせた「アクション」が行える。

●「Web接客機能」を用いたマーケティングシナリオの流れ

一人ひとりの「個客」に合わせて、特別な顧客にWeb上でオファーのバナーを出す等、分析予測から顧客に合わせたWeb施策を実現する「個客」に対応したマーケティングシナリオを実現

新機能としての「Web接客機能」は、通勤時にスマートフォンに送られてきたクーポンバナー付きのレコメンドメールを閲覧しながらも、購入に至らなかった顧客に関して、自宅に戻ってタブレット(またはスマホ等)を見た時に、例えば、期限付きの特別クーポンを表示する等、まるで、個別のコンシェルジュが各々のお客様へお薦めをするような購買意欲を高めるためのシナリオを実行することができます。

 特別な技術者がいなくても、現場のマーケッターや販売マネージャーといった担当者が、この「Web接客機能」を利用することで、これまで、商品に興味を持ちながらも、購買機会を損失していた顧客層に対して、「特別な顧客」として行う「アクション」により、購買率を上げていくことができます。

さらに、PCはもちろん、スマホやタブレットといった、デバイス(端末)をまたぎながら、リアルタイムで行動履歴の更新ができる「マルチデバイス リマインド機能」により、顧客がどのデバイスを使っていても、適時に「アクション」を行うことで、さらに購買機会は増えていきます。

■本サービスに関するお問い合わせ:

◆報道関係の方のお問い合わせは・・・

株式会社アクティブコア マーケティング部:八木

TEL:03-6712-8601

E-mail:mkt@activecore.jp

◆一般の方のお問い合わせは・・・

株式会社アクティブコア 営業部: 平田・井ヶ瀬

TEL:03-6712-8601

E-mail:info@activecore.jp

activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。

※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。