キタムラ、アクティブコアのプライベートDMP「activecore marketing cloud」を導入

WEB行動ログと基幹データを統合し、1to1マーケティングによるLTV向上を実現

データ分析・アクションで経営を支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田賢治、以下 アクティブコア)は、カメラ販売・プリントサービスなどを取り扱う写真専門店「カメラのキタムラ」、こども写真館「スタジオマリオ」を全国に展開している株式会社キタムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:浜田宏幸、以下 キタムラ)のプライベートDMP基盤として「activecore marketing cloud(アクティブコア マーケティングクラウド)」が採用されたことを発表いたします。

店舗での専門性の高い店員による接客に加えて、ネットショップでWEB行動ログによる1to1マーケティングを実現

キタムラは、デジカメ・レンズ・写真用品・家電・時計など約4万点の商品を揃える「キタムラ ネットショップ」を運営しています。カメラは専門性・趣味性が高い商品であるため、ユーザの興味/関心に合せたアプローチが必要となります。 また、そのような特性から店舗での専門性の高い店員による接客は大きな強みであり、ネットショップでありながら、WEB上の購入だけではなく、店舗への送客を増やしていくためのチャネルという役割も求められていました。 また、ネットショップにおいて、WEB行動ログと基幹データである商品マスタ・会員マスタ等が統合されていなかったため、顧客軸でのLTV分析やランクの把握が十分にできておらず、会員に対して画一的なアプローチとなっている点が課題となっていました。  そこで、このような課題を解決するためにプライベートDMP基盤として「activecore marketing cloud」を導入しました。

キタムラでは、「activecore marketing cloud」を活用し、WEB行動ログと基幹データを一元化することで会員に関するデータを統合しました。その結果、ネットショップを利用する会員の可視化、購入商品カテゴリ毎の傾向分析を行うことが可能になり、顧客軸・商品軸・行動軸からリストを作成/抽出することで、各ターゲット層に対するサイトでのレコメンドや、メールを通じ会員一人ひとりへのアプローチを実現できるようになりました。 また、店舗に設置しているタブレット端末においても、会員のネットショップ閲覧履歴を元にお薦めの商品を表示させるようにしました。これにより、店舗での専門性の高い店員による接客に加えて、会員の興味/関心のある商品をお薦めすることができ、店舗での1to1マーケティングが可能になりました。

キタムラ担当者からのコメント

「これまでは会員に対して画一的なメールを一括で配信していたため、その結果を見て初めて、どのような会員が施策に反応するのかが分かるという状態でした。しかし、WEB行動ログと会員データを紐づけたことにより、事前に対象セグメントはどのような属性の会員層なのかを把握することができますので、ご年配の方が多いセグメントに対してはサイトへの集客ではなく、電話でのお問い合わせや店舗への来店をご案内するなど、一人ひとりのお客様に合わせて、アプローチ方法を最適化することが可能になりました。このように、ターゲットを把握した状態で施策を考えることができますので、シナリオ作成が効率的になりました。 今後はネットショップ利用者だけではなく、プリントサービスを利用する会員やこども写真館「スタジオマリオ」を利用する会員を統合し、結婚・出産など会員のイベントに合せたアプローチを行いながら、FLTV(Family Life Time Value)の拡大をしていきたいと思います。」

株式会社キタムラ EC事業部 山田 周平 様

■キタムラにおけるプライベートDMPの利用イメージ

■「キタムラ ネットショップ」 http://shop.kitamura.jp/

■本サービスに関するお問い合わせ:

◆報道関係の方のお問い合わせは・・・

株式会社アクティブコア マーケティング部:八木

TEL:03-6712-8601

E-mail:mkt@activecore.jp

◆一般の方のお問い合わせは・・・

株式会社アクティブコア 営業部: 平田・井ヶ瀬

TEL:03-6712-8601

E-mail:info@activecore.jp

activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。

※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。