ブックオフオンライン、アクティブコアのプライベートDMP「activecore marketing cloud」を導入

WEB行動ログと基幹データを統合し、会員組織の可視化と1to1マーケティングでLTV向上を実現!

データ分析・アクションで経営を支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田賢治、以下 アクティブコア)は、本・CD・DVD・ゲームソフトの販売および買取を展開しているブックオフオンライン株式会社(本社:神奈川県相模原市、代表取締役:堀内 康隆、以下 ブックオフオンライン)のプライベートDMP基盤として「activecore marketing cloud(アクティブコア マーケティングクラウド)が採用されたことを発表いたします。

販売/買取という、基軸の違う別々の会員データを統合し、ブックオフオンライン会員の可視化を実現

「ブックオフオンラインは、ブックオフを全国展開するブックオフコーポレーション株式会社の子会社として、中古と新品の本・CD・DVD・ゲームの販売・買取を行う、総合オンラインショッピングサイト「BOOKOFF Online」を運営しています。

同社においては、オンラインショッピングサイトを運営する販売事業と、年間28万人以上が利用する宅配買取サービス「宅本便」を運営する買取事業があり、それぞれのデータが別々のものとして、多岐に渡っていました。そのため、統合されたデータ分析を行う際には基幹システムにある多くのデータの中から該当データを抽出し加工する必要があり、各現場担当者がリアルタイムにデータを把握することが困難であるという問題がありました。

また、顧客データの活用も一部の販売/買取傾向の分析に留まり、顧客軸でのLTV分析やランクの把握が十分にできておらず、会員に対して画一的なアプローチしかできていない状況でした。そこで、これらの課題を解決するために、プライベートDMP基盤として「activecore marketing cloud」の採用に踏み切りました。

ブックオフオンラインでは、「activecore marketing cloud」を活用し、多岐に渡っていたデータを一元化し、各サービスを利用する会員の把握はもちろん、商品カテゴリ毎の傾向分析、さらに買取から販売までを一連の流れとした会員LTVの可視化を目指しました。「activecore marketing cloud」を導入したことで、商品軸、顧客軸、オンラインのデータを統合した分析を各現場担当者が直接行うことが可能になり、そこからリストを作成/抽出することで各ターゲット層へのアプローチとその反響分析を実現しました。

今後はこのような分析結果を生かし、会員一人ひとりと適切なコミュニケーションを行えるように、WEBサイトやメールのパーソナライズを強化していきます。

担当者からのコメント

「これまで、ブックオフオンラインでは、必要なデータの抽出に時間がかかり、十分な分析ができていなかったことが大きな課題でした。今回、activecore marketing cloudを導入し、会員組織を可視化したことで、今まで感覚的に理解していた優良会員/休眠会員などのターゲットが正確に把握できるようになりました。これによりターゲットとなるユーザ層を各現場担当者間で共有することができ、「個」に対して、複数のサービスを跨いだ長期的なアプローチが可能になると考えております。将来的には店舗データを含めることで、店舗/オンライン問わず、顧客との接点を拡張していきたいと思います。」

   ブックオフコーポレーション株式会社 マーケティング部長 千田 竜也 様

■図1:「activecore marketing cloud」の導入イメージ

■図2:ブックオフオンラインにおけるプライベートDMPの利用イメージ

■「BOOKOFF Online」(http://www.bookoffonline.co.jp/)

■本サービスに関するお問い合わせ:

◆報道関係の方のお問い合わせは・・・

株式会社アクティブコア マーケティング部:八木

TEL:03-6712-8601

E-mail:mkt@activecore.jp

◆一般の方のお問い合わせは・・・

株式会社アクティブコア 営業部: 平田・井ヶ瀬

TEL:03-6712-8601

E-mail:info@activecore.jp

activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。

※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。