マーケティングテクノロジーフェア2015に出展しました。

当社、アクティブコアは、2015年1月28日29日に東京ビッグサイトで開催された、 マーケティングテクノロジーフェア2015に出展させて頂きました。 簡単ではありますが、出展後のレポートをお届けしたいと思います。

マーケティングオートメーション・プライベートDMPへ期待がさらに高まった2日間

今年の展示会は昨年以上に、来場された方々のマーケティングに対する興味・関心が高く、会場全体が熱気に包まれていました。

今回のイベントでは、いたるところで「マーケティングオートメーション」という文言が見受けられ、 各ブースとも大なり小なり織り込まれているという印象を受けました。

また、プライベートDMPというワードに対して、「何ができるのか?」から、 「御社のプライベートDMPの特徴は?」という比較検討を目的としてお話をされる方がほとんどで、 出展社側はもちろんですが、来場されたマーケティング担当者様はそれ以上にマーケティングを支援するツールへ 強い関心をもっていらっしゃいました。

データ分析とアクションでマーケティングROIを最大化する

今回のブースコンセプトは「目に留まるキーワード・足を止めるブース」

コーポレートカラーの赤で染めた当社ブースは会場内でかなり目立っていました。 メインテーマの「データ分析とアクションでマーケティングROIを最大化する」を掲げ、 ブース内には、当社CRM統合/プライベートDMPツール『ac meister』の特長である 五つのキーワードを打ち出しました。

  • 顧客軸でWeb行動履歴と基幹データを統合
  • オムニチャネル・マルチデバイスのデータ統合
  • セグメント別のパーソナライズを実現
  • 会員ロイヤルティーの可視化と顧客LTVの向上
  • Web・DM・メルマガでのOne to One アクション

おかげ様で、非常に多くの方々が当社ブースにお越しいただき、製品説明やデモをご覧くださいました。

今後、ますますプライベートDMP、マーケティングオートメーションツールへの関心が高まることが予想されますので、 お客様の事業経営、営業活動に貢献できるよう、よりよい製品をご提供して参りたいと思います。

アクティブコアのプライベートDMPに、今後もご期待ください。