統合CRM分析/プライベートDMP「ac meister」にマーケティング・オートメーション機能を追加

顧客セグメントの抽出、パーソナルレコメンド、行動分析から反響リストの更新を自動化

株式会社アクティブコア(本社:東京都港区 代表取締役社長:山田賢治 以下、アクティブコア)は、 統合CRM分析/プライベートDMP「ac meister」の新機能として、顧客セグメントの抽出から、 シナリオ作成に基づくパーソナルレコメンド、反響リストの更新管理までを自動化する マーケティング・オートメーション機能を2014年6月1日から提供開始しました。

新機能では、マーケティング施策の対象となる顧客セグメントの条件抽出、 各セグメントに対するアプローチシナリオ(配信タイミングや利用するアルゴリズムなど)に 基づくパーソナルレコメンドの実施、反響データの効果検証を自動化します。 また、セグメントリストごとに、オンライン・オフライン上での行動履歴データを収集し、 施策に対する反響結果と組み合わせて、新たな施策グループとなるセグメントリストに 自動反映することができるため、顧客に対して、きめ細かなコミュニケーションを継続的に 実施することが可能となります。

今回の新機能により、CRM・マーケティング担当者は、オムニチャネル (ウェブ・メール・オンライン広告とDM・電話など)を利用した全てのマーケティング活動に対する 顧客の反響データを統合し、ターゲット顧客の分類・抽出から、最適なチャネル (ウェブ・メール・DM・電話)と配信タイミングを選択し、アプローチシナリオに基づく パーソナライズ化されたレコメンドの実施を自動化することができ、 マーケティングROIの改善に繋げることができます。

「ac meister」のマーケティング・オートメーション機能と分析フロー

「ac meister」のマーケティング・オートメーション機能の活用例は、以下の通りです。

・ショッピングカートに商品を放置してから2日経過している顧客に対してリマインドメールを自動送信する
・最終購入日が1年以上前で、Webサイトへの最終アクセス日から半年経過している顧客に対して それまでの購入履歴をベースにした離反防止メールを自動送信する
・DM送付後7日経過してもクーポン利用がない顧客に対して、利用促進メールを自動送信する
・30代女性で、トライアル品購入後20日経過している顧客に対して本品購入促進のメールを送信する
・商品Aを購入しているが、商品Bを購入していない会員へ商品Bを含んだレコメンドメールを送信する
・商品閲覧はスマフォ、購入は店舗で行う顧客へWeb閲覧履歴に基づいたメールまたはDMリスト作成

アクティブコアは、ユーザ単位の行動分析技術を中核(コア)に、 CRMデータとWeb行動履歴を統合した顧客分析と、顧客一人ひとりをパーソナライズ化する レコメンド・ターゲティングを活用し、顧客ロイヤルティの構築・維持とマーケティングROIの向上を実現します。

「ac meister (エーシーマイスター)」について
PC・携帯・スマートフォン・タブレットにおけるWeb行動履歴とCRMデータ(受注明細・顧客履歴など)やマーケティングデータ(来店履歴やポイント利用履歴・DM配信履歴など)を統合した顧客分析プラットフォームです。商品軸・顧客軸・キャンペーン軸・コンテンツ軸からセグメント分析やRFM分析、スコアリングを用いて顧客を分類し、ターゲットリストを抽出することができます。また、抽出したリストに対するキャンペーン反響分析やライフサイクル分析などマーケティング全体の効果検証を行うことができます。
「ac meister」は、アクティブコアの自社開発製品です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】

担当:営業部 平田・井ヶ瀬

TEL:03-5510-3007 FAX:03-5510-0144