Google検索からSNS検索へ


アクティブコアの小畑です。

私は最近、旅行の計画などで行ってみたい場所を調べる際、instagramでその場所を検索することが増えてきました。

みなさんもSNSで知りたい情報を検索したことはありませんか?

スマートフォン・SNSが普及したのは最近の話ではありませんが、現在は特に10代の女性を中心に検索の場としても多く活用されているようです。
元々、SNSで情報を発信する理由は下記が要因でした。


【SNS発信モチベーション】
1位:「自分自身の体験のストック」(36.9%)

2位:「つながり、コミュニケーション」(17.9%)

3位:「生活のアピール/演出」(16.1%)

(出所:『シェアしたがる心理~SNSの情報環境を読み解く7つの視点~』(天野彬 著 :2017年、宣伝会議))


このような双方向性のある活動を通じて、企業の広告・プロモーションとは性質の異なる、ユーザが実際に体験した情報が蓄積されました。 現在ではSNSを使う目的として「情報収集・閲覧」を挙げる人が52.3%となり、人とのつながりだけでなく、SNSは情報を得る場としても利用されています。

これまでは検索と言えば、「ググる」という言葉が生まれるくらいGoogle(あるいはYahoo!)などの検索エンジンを利用するのが当たり前でしたが、 検索する内容は検索エンジンよりは限定されるものの、タグ付けされたSNSの情報を検索する行動も一般化されつつあるのです。

※Yahoo!ではスマートフォン限定でinstagramの投稿を検索できるサービスも提供開始しているため、今後はより一層SNSの情報を検索することが容易になっていくのではないでしょうか。
 →https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2017/06/28a/


ただしユーザが実際に体験した情報であっても、少しでも良い絵になるようにと実物より映えた写真・動画を投稿することもありますので、その情報を発信した人の信頼性が重要になります。
そういった点でも、知人の情報が最も信頼でき影響力があるとされており、いかに自社の商品・サービスに関する情報をシェアしてもらえるかが重要なポイントになります。

SNS上で影響力のある人を活用するマーケティングとして、インフルエンサーマーケティングやアンバサダーマーケティング等といった言葉・手法が生まれており、 もちろんこれらも非常に重要な施策ではありますが、まずは自社の顧客にどれだけSNSでシェアしてもらえるかが重要ではないかと思います。

このような、顧客にSNS等でシェアしてもらえる(推奨してもらえる)よう引き上げるためのポイントを、コトラー氏は著書『マーケティング4.0〜スマートフォン時代の究極法則』の中で以下を挙げています(一部抜粋)。


顧客に推奨してもらうためのポイント
 ・カスタマージャーニーマップを作成し、ジャーニー全体のタッチポイントを理解する
  
 ・ごく少数の重要なタッチポイントで顧客と有意義なつながりを築く

 ・ブランドからのわずか一瞬の予期せぬ感動を提供する

 ・重要なタッチポイントの改善(コミュニケーション強化・顧客に価値を提供する仕組みの改善)をする

 ・顧客がひとつのチャネルから別のチャネルに移るときシームレスな経験を提供する


タッチポイント(ブランドと顧客との接点)やメッセージ量の増大が必ずしも影響力の増大につながるとは限らないため、 重要なタッチポイントで顧客とコミュニケーションを図り、そこで何らかの予期せぬ感動をもたらす体験やメッセージを提供することで、 その顧客は推奨という段階へ引き上げることができる、ということです。


検索の場が検索エンジンのみだった時代には、SEO対策や口コミマーケティングでユーザに自社の情報や魅力を伝えることができましたが、 SNSでの検索が増加するにつれ、それだけでは不十分になってきます。 顧客ロイヤルティを引き上げ、自社のファンを増やしてSNS上にポジティブな投稿を拡散してもらうことが、SNS検索におけるSEO対策になるのではないでしょうか。


※現在の自社の顧客のロイヤルティを調査する方法については過去の記事も参考にしてください。
 →「悪い利益」と「良い利益」- 顧客ロイヤルティを測る質問

当社アクティブコアでは、Web・メール・LINE・アプリなど様々なチャネルでパーソナライズした情報を提供・自動化することができるマーケティング基盤を提供しておりますので、 顧客との重要なタッチポイントを強化し顧客に推奨してもらうためのマーケティング施策のお役に立てるのではないかと思います。


【参考書籍】
『シェアしたがる心理~SNSの情報環境を読み解く7つの視点~』(天野彬 著:2017年、宣伝会議)
『マーケティング4.0〜スマートフォン時代の究極法則』(フィリップ・コトラーほか2名 著:2017年、朝日新聞出版)