自動化について


似顔絵 アクティブコア西森です。
今回は、最近目に止まった下記のニュースを取り上げてみました。

「ユニクロが初の「自動化」倉庫 EC拡大へ世界展開」
https://www.asahi.com/articles/ASLB953Y1LB9ULFA015.html



衣料品大手のファーストリテイリングは全物流倉庫を自動化することを発表しました。
具体的には、下記の作業を自動化、高速化することに成功したとのことです。


  • RFIDを利用した検品作業
  • 商品の入出庫
  • 配送箱の作成
  • 商品コンテナの片付け
  • 配送仕分け

これにより9割の人件費削減、稼働時間は24時間を実現したとのことです。

物流倉庫の自動化としては、amazonの事例がよく知られているかと思います。
ルンバのようなロボットが、商品の入った棚ごと担いで運んでいく映像をニュースで目にした方も多いのではないでしょうか。

このように各メーカーや大手企業が続々とRPAの導入を検討開始している背景には、「働き方改革」の流れが影響しています。
限られた人数でいかに生産性を高めるかは、今後のビジネスにおいて重要なテーマです。


  
私が個人的に自動化を期待する分野は、TOYOTA等各社が研究を進めている自動車の自動運転機能です。
お恥ずかしながら私はペーパードライバーなのですが、自動化技術が一般的に普及する世の中になれば運転スキルを気にせず、もっと行動範囲を広げることができると期待しています。

マーケティング活動の業務効率化には、ぜひアクティブコア マーケティングクラウドをご活用ください。
アクティブコア マーケティングクラウドでは、顧客一人一人の状況に合わせたアプローチを自動化できます。

もしメール配信リストを毎回手動で作成する場合、日々の運用に大変負荷がかかります。
しかしリスト作成、メール配信を自動実行していただく事で運用が容易になり、ご担当者様は施策の検討や分析に注力していただけます。

なおかつ、今まで実現できなかったパーソナライズしたアクションが可能となります。
私達のサービスを導入いただくことで、より多くの顧客にアプローチができるようになり、また業務効率化につながれば嬉しく思います。

【参考記事】
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36293250Z01C18A0TJ3000/
https://www.ryutsuu.biz/ec/k100940.html