イベントマーケティング成功のコツは?


アクティブコアサポートチーム 菊地

アクティブコア サポートチームの菊地です。

暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

太平洋の向こう側、アメリカのシカゴではPokémon GO のリアルイベントが
初めて開催され、今月には横浜スタジアムでもイベントが予定されています。
今年の夏も様々なイベントが目白押しの中、私は一足早くシカゴのイベントに参戦して来ました。
シカゴのイベントです!

太平洋を渡らずに、涼しい部屋の中で。

今回は、そんなカラクリについてお話します。

日本にいながら、シカゴで開催されるリアルイベントが体感できた訳は



「LIVE配信」です。
(期待外れでしたら、すみません。)

身近にあるが故に魅力に気付きにくいですが、Apple社のWWDCをジョブズさん時代から
LIVE配信で楽しんできた私にとって「LIVE配信」は、とても魅力的なコンテンツです。
一視聴者として魅力的であるという事は、裏を返せばマーケティングの面においても
顧客を惹きつける有力なコンテンツになります。

従来のニコニコ生放送等のLIVE配信特化型やTwitchといったゲーム専用プラットフォーム型
よりも、今はFacebookやLINE等のSNSプラットフォーム型のLIVE配信が
トレンドになっています。

LIVE配信の魅力として周知されている事は、
・会場の情報と臨場感を、現場にいない視聴者に共有ができること
・配信者と視聴者間のリアルタイムなコミュニケーションにより、正確な情報伝達ができること
・編集できないLIVE動画ならではの情報に信頼性が生まれること
等があります。

企業がデジタルマーケティングとしてLIVE配信を活用する上で
SNS内のLIVE配信を選択する理由は、配信の手軽さや視聴しやすさに加え
ユーザ層の年齢と男女比バランスの良さ等があります。
しかし、幅広いターゲットに視聴してもらえる機会を作り出しても
実際に視聴してもらわなければ意味がありません。

LIVE配信成功の要は、ターゲットとなるユーザ層の把握ではないでしょうか。
商品やサービスに応じた異なるユーザ層の把握は
適切なプラットフォーム・LIVE動画配信サービスの選択に繋がります。
関心を持っているユーザをセグメンテーションし、的確にアプローチしてこそ
効率良く確かな視聴率が獲得できるのです。

当社の『activecore marketing cloud』では、webでの行動履歴データや企業内で持つ
基幹データを統合することで、情報を提供したい顧客のみを絞り込むことができます。
つまり、年齢や性別、購入履歴といったユーザ層別にターゲティングが可能です。

また、『activecore marketing cloud』の都度メール配信機能を使用すると
絞り込まれたターゲットに対してメール配信を15分単位で予約することができる為、
LIVE配信開始前にメールで連絡するということもできます。

LIVE配信を使ったマーケティングは、今後もさらなる盛り上がりを見せることでしょう。