【最新版】MA機能比較 「自社に合う」マーケティングオートメーションの選び方


皆様こんにちは、アクティブコアです。
今回は、最新のMA機能比較「自社に合う」マーケティングオートメーションの選び方をご紹介いたします。

マーケティングオートメーション 導入の課題

今マーケティングオートメーション(MA)の導入を検討される企業様が増えています。
しかしその際、ツールや機能の違いが分からず「結局どんな基準で選べばいいのか分からない」「自社に合うツールが分からない」と言ったご相談をいただきます。

マーケティングオートメーションは現在、価格の安いものから高いものまで様々なツールが提供されています。
しかし価格がいくら安くても、実施したい内容ができなければ意味はなく、価格が高いからと言って、機能が使いこなせる訳ではありません。

では自社にとって適切なマーケティングオートメーションとは、一体何なのでしょうか?

今回は、自社に最適なマーケティングオートメーションを選ぶために、知っておきたい5つの選び方をご紹介します。

自社に最適なマーケティングオートメーションを選ぶポイント

MAを選ぶポイントは、次の5つです。

  1. そのツールは、BtoB向け・BtoC向けのどちらでしょうか?
  2. そのツールは、統合型・分散型のどちらでしょうか?
  3. そのツールは、自社開発・代理販売のどちらでしょうか?
  4. そのツールは、国産ツール・外資系ツールのどちらでしょうか?
  5. そのツールは、シナリオ作成はメールのみ?それとも複数チャネルに対応しているでしょうか?



詳しくみていきましょう。

ポイント①「そのツールは、BtoB向け・BtoC向けのどちらでしょうか?」

BtoB企業・BtoC企業は扱うデータ量に差がある分、必要な機能も異なります。
一般的にBtoBであればMAで扱うリード数は500から多くても10,000程度となります。
そのため、対象のリード数からいかにホットなリード(見込客)を見つけて電話やメールを使った個別アプローチするのかが重要となり、その手段としてスコアリングの機能やSFA(営業支援システム)との連携が必要となります。

一方でBtoC企業であれば、MAで扱うリード数もBtoB企業に比べて膨大となります。
そのため、アプローチはデジタルを介して行うことが多く、メールやウェブ、アプリ、LINE等の複数チャネルに対応したシナリオ作成や大規模なデータを扱えるMAツールに対応している必要があります。



どのベンダーのツールも機能において、得意な分野、不得意な分野があります。 事前に確認をするようにしましょう。

ポイント②「そのツールは、統合型・分散型のどちらでしょうか?」

例えば分析、レコメンド、MAを検討している場合、統合型は1社のツールですべてを利用することができます。
分散型は、例えば分析はA社、レコメンドはB社、MAはC社のような形で、複数社のツールを利用する必要があります。


統合型の場合、一つの管理画面で運用ができるため、現場ご担当者様の運用負荷を軽減することができます。
一方で分散型の場合、用途別に複数社のツールを利用する必要があるため、管理画面がバラバラ、データが繋がらないなど、現場ご担当者様の運用負荷がかかる場合があります。
一般的には統合型をお勧めいたしますが、自社の状況を見ながら統合型、分散型のどちらが適しているか、見分けるようにしましょう。

ポイント③「そのツールは、自社開発・代理販売のどちらでしょうか?」

ベンダーが提供するMAツールは、自社開発か、代理販売かでそれぞれ特徴があります。

自社開発の場合、当然自社が提供しているサービスとなるため、手厚いサポートが受けられます。
顧客の業務要件に合わせたカスタマイズに柔軟に対応してくれます。

代理販売の場合、不明点は開発元に問合せないと分からないことも多く、すぐにサポートが受けられない場合があります。 また、カスタマイズにも柔軟に対応出来ない場合もあるため、注意が必要です。

ポイント④「そのツールは、国産ツール・外資系ツールのどちらでしょうか?」

国産ツールと外資系ツールにはそれぞれ特徴があります。

国産ツールの場合、日本人が使いやすいように製品開発されていることが多く、管理画面が日本語対応のほか、現場ご担当者様が使いやすいように画面設計がされています。

一方で外資系ツールは、管理画面が多言語対応しているため、グローバル利用が可能です。
一般的に高機能なことが多いため、専任のマーケティング担当者がいる企業は、外資系ツールの利用を検討されても良いかもしれません。

ポイント⑤「そのツールは、シナリオ作成はメールのみ?それとも複数チャネルに対応しているでしょうか?」

昨今、顧客の行動は複雑化しています。
例えば下記に出ている図はEC通販での顧客行動の例ですが、最初のきっかけは広告でも、比較検討はウェブ、購入は店舗、リピート購入はメルマガ、その企業のファンになったらLINEの情報をチェックすると言ったように、認知からロイヤル化までの流れの中で非常に多くのチャネルに接触します。

この一連の流れをマーケティングオートメーションで自動化してアプローチする際、シナリオ作成がメールにしか対応していないと、例えばメールを開封後、顧客がウェブに来た場合は、その顧客の興味・関心に応じたお薦めの情報を出すことができません。
シナリオの作成が、複数チャネルに対応していれば、メールを送った後、ウェブに来た場合でも、その顧客の興味・関心に応じたお薦め情報を出すことができます。



シナリオの作成が複数チャネルに対応しているか、是非確認をしてみてください。

まとめ「自社に合う」マーケティングオートメーションの選び方

今回は、MAを選定する上で、知っておきたい「自社に合う」選び方を5つご紹介させていただきました。

  1. そのツールは、BtoB向け・BtoC向けのどちらでしょうか?
  2. そのツールは、統合型・分散型のどちらでしょうか?
  3. そのツールは、自社開発・代理販売のどちらでしょうか?
  4. そのツールは、国産ツール・外資系ツールのどちらでしょうか?
  5. そのツールは、シナリオ作成はメールのみ?それとも複数チャネルに対応しているでしょうか?


皆様のご参考になれば幸いです。

アクティブコアは、AIを搭載したデータ分析・レコメンド・マーケティングオートメーションが一つになった「アクティブコア マーケティングクラウド」を提供しています。
お困りのことがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

→ブログ記事一覧

アクティブコア マーケティングクラウド製品情報

AIを搭載したマーケティングシステム

アクティブコア マーケティングクラウドなら散在しがちなデータを統合し・可視化し、AIによるデータ分析、レコメンドを自動で行うことで、マーケティングに要する工数を大幅に削減す流ことができます。

詳細はこちら