マーケティングオートメーション

MARKETING AUTOMATION

顧客の状況にあわせた
マーケティングアプローチを自動化

マーケティングオートメーションで「顧客ステータス」や「顧客タイミング」にあわせた最適なアプローチを自動化します。 顧客一人ひとりに対して最適なアプローチやフォローを自動化することで、マーケティングPDCAの効率化と高速化を実現します。

マーケティングオートメーションではシナリオ作成から効果検証までを一気通貫で実現できます。

顧客の状況にあわせたマーケティングアプローチを自動化

マーケティングオートメーションで「顧客ステータス」や「顧客タイミング」にあわせた最適なアプローチを自動化します。 顧客一人ひとりに対して最適なアプローチやフォローを自動化することで、マーケティングPDCAの効率化と高速化を実現します。

マーケティングオートメーションではシナリオ作成から効果検証までを一気通貫で実現できます。

顧客タイミングで最適なアプローチを自動化

Webと基幹データを統合したプライベートDMPからターゲット顧客を抽出し、「顧客ステータス」「顧客タイミング」に合わせた最適なアプローチを自動化します。

EC/通販でのオートメーションを使用した例では顧客タイミングに合わせてレコメンドやLP、リマインドなど様々なアプローチが自動化されています。

購入後のフォローシナリオ
購入後のフォローシナリオを作成することにより、リピーターとなる確率を上げることができます。

例えば購入の何日後にフォローメールを配信。その後購入があればリピーターのシナリオを。購入がなければ休眠防止用のレコメンドなどを配信するフォローシナリオを作成。

カート放棄フォローシナリオ
一般的に「カゴ落ち」と言われるショッピングカートへ商品は入れているものの購入手続きを済ませていない場合、カート内に入っている商品をリマインドすることで購入を促すことができます。

例えばメール開封がない場合はカート内の商品を再度リマインドさせたり、開封があるけれどサイトへの流入がない場合、カート内商品と相関のある商品をレコメンドするなど様々な形でシナリオを作成できます。

もちろんBtoBでのご利用も可能
マーケティングオートメーションとはBtoCでの利用がイメージしやすいですが、BtoBでもしっかりとアプローチが可能です。

最終的には営業でのクロージングとなるでしょうが、そこまでの過程を自動化することで営業担当が効率的にアプローチをすることができます。

顧客タイミングで最適なアプローチを自動化

Webと基幹データを統合したプライベートDMPからターゲット顧客を抽出し、「顧客ステータス」「顧客タイミング」に合わせた最適なアプローチを自動化します。

EC/通販でのオートメーションを使用した例では顧客タイミングに合わせてレコメンドやLP、リマインドなど様々なアプローチが自動化されています。

購入後のフォローシナリオ
購入後のフォローシナリオを作成することにより、リピーターとなる確率を上げることができます。

例えば購入の何日後にフォローメールを配信。その後購入があればリピーターのシナリオを。購入がなければ休眠防止用のレコメンドなどを配信するフォローシナリオを作成。

カート放棄フォローシナリオ
一般的に「カゴ落ち」と言われるショッピングカートへ商品は入れているものの購入手続きを済ませていない場合、カート内に入っている商品をリマインドすることで購入を促すことができます。

例えばメール開封がない場合はカート内の商品を再度リマインドさせたり、開封があるけどサイトへの流入がない場合、カート内商品と相関のある商品をレコメンドするなど様々な形でシナリオを作成できます。

もちろんBtoBでのご利用も可能
マーケティングオートメーションとはBtoCでの利用がイメージしやすいですが、BtoBでもしっかりとアプローチが可能です。

最終的には営業でのクロージングとなるでしょうが、そこまでの過程を自動化することで営業担当が効率的にアプローチをすることができます。

オートメーションをカスタマイズ
最適かつ、効率的に顧客への1to1アプローチ

LINEとの連携
会員IDとLINE IDを紐づけることで、プライベートDMPからシームレスにレコメンドやキャンペーンをLINEで通知することができます。 これまでメール配信で実現してきたマーケティングオートメーション機能がLINE上でも実現可能となります。

メールのA/Bテストを自動で最適化
メール配信対象となるユーザの中から、任意の件数を抜き出し、サンプリングを行います。例えば全体の20%を抽出しA/Bテストを行い、統計的に効果の高いと自動判定されたメールを、残りの80%に配信します。サンプリングへの配信の数時間後には残りのユーザへ配信できるので、効果測定・改善・実行の高速化につながります。

ステップごとのシナリオ設定
シナリオビルダーを使用すれば、顧客の属性やステータス、タイミングといった条件に応じたアプローチを詳細に設定することができます。

機械学習によるメール配信時間の最適化
機械学習により、ユーザのメール反応結果を学習することで次回以降の配信に常に反映します。

そうすることで1人ひとりのユーザにとって最適な配信時間を導き出し、自動的に配信をすることができます。

オートメーションをカスタマイズ最適かつ、効率的に顧客への1to1アプローチ

LINEとの連携
会員IDとLINE IDを紐づけることで、プライベートDMPからシームレスにレコメンドやキャンペーンをLINEで通知することができます。 これまでメール配信で実現してきたマーケティングオートメーション機能がLINE上でも実現可能となります。

メールのA/Bテストを自動で最適化
メール配信対象となるユーザの中から、任意の件数を抜き出し、サンプリングを行います。例えば全体の20%を抽出しA/Bテストを行い、統計的に効果の高いと自動判定されたメールを、残りの80%に配信します。サンプリングへの配信の数時間後には残りのユーザへ配信できるので、効果測定・改善・実行の高速化につながります。

ステップごとのシナリオ設定
シナリオビルダーを使用すれば、顧客の属性やステータス、タイミングといった条件に応じたアプローチを詳細に設定することができます。

機械学習によるメール配信時間の最適化
機械学習により、ユーザのメール反応結果を学習することで次回以降の配信に常に反映します。

そうすることで1人ひとりのユーザにとって最適な配信時間を導き出し、自動的に配信をすることができます。

マーケティングクラウドの主要機能を詳しくご紹介

プライベートDMP

様々なデータを顧客軸で統合管理

データ分析

ユーザーの属性や行動履歴を分析・可視化

レコメンド

AI搭載で、嗜好に適した1to1アプローチ

マーケティングオートメーション

顧客に最適なコミュニケーションを自動化