LPO・ABテストの概要

ユーザごとにコンテンツを最適化

マーケティングクラウドのLPO・ABテストサービスを利用すれば、ユーザの属性や行動履歴によってWebコンテンツの表示を出し分けるLPO(ランディングページ最適化)が可能になります。
一人ひとりのユーザに対して最も訴求力の高いコンテンツを表示することができるため、CVRの向上に効果的です。

LPO/ABテスト/コンテンツ最適化『ad insight』

『LPO・ABテスト』の特長

ユーザーごとにwebコンテンツを最適化できる

ユーザごとに表示コンテンツを最適化 (IDターゲティング)

ユーザが過去に見たページや購入した商品、性別や年代、興味カテゴリなどに応じて、訴求効果の最も高いWebコンテンツを表示します。

訪問動機ごとにWebコンテンツを最適化できる(LPO)

訪問ルートごとに表示コンテンツを最適化(LPO)

ユーザがWebサイトに訪問したきっかけ(広告・参照サイト・検索キーワードなど)に応じて、表示するコンテンツを出し分けます。

異なるWebコンテンツを比較評価できる(A/Bテスト)

表示コンテンツの効果を比較評価 (A/Bテスト)

複数のWebコンテンツを用意し、ユーザの反応が最も良いコンテンツはどれかをテストします。

導入までの流れ/価格

LPO・ABテストサービスの一般的な導入までの流れや価格(イニシャル/ランニング)については、「導入までの流れ/価格」をご参照ください。

安心の導入後サポート

サービスの導入後も、当社のサポートスタッフがしっかりサポートいたします。

運用や設定の代行サービスはもちろんのこと、「実効性の高いLPO施策の提案依頼」や「効果分析の手法についてのお問い合わせ」といった、一歩踏み込んだご相談に対しても丁寧に対応いたします。
詳しくは「安心の導入後サポート」をご参照ください。