アクティブコア、利益につながる広告施策(LTV)を広告代理店がダイレクトに 把握できる「広告代理店専用アカウント」を新たに提供

広告代理店がプライベートDMPから導き出したLTVによる広告評価を直接確認

データ分析・レコメンド・マーケティングオートメーションで企業マーケティングを支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田賢治、以下 アクティブコア)は、マーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」(アクティブコア マーケティングクラウド)」に、広告代理店が自社に割り振られたログインIDで管理画面にログインし、実施した広告施策による売上貢献度を把握する「広告代理店専用アカウント」を新たに追加いたします。  この度追加される本機能により、広告代理店が自社の出稿する広告データ(LTVを含む)を分析・評価することが可能となりました。

さらなる売上につながる広告施策を把握し、適切に予算を投下することが可能に

広告出稿後、直近の売上等を見ることが多かった広告評価ですが、LTV(Life Time Value:ライフタイムバリュー)という考え方が根付いてきた現在、顧客単位で長期に渡り継続購入した売上合計を、価値として広告評価に取り入れる企業が増えています。

「activecore marketing cloud」では、プライベートDMPにWeb行動履歴、売上データ、顧客データ、広告データといったオンライン・オフラインのデータを取り込み、顧客単位でデータを統合していきます。そのため、オフライン広告である新聞や折り込みチラシでどれほど累計売上があがったのか、またオンラインのWeb広告がどれだけ利益に貢献したのかを画面上で簡単に把握することが可能です。

図1:広告LTVの表示項目の一例


*imp(インプレッション): 広告がユーザーに表示されること。
*CV(コンバージョン): ユーザーによって、購入・会員登録・資料請求など、サイトごとに目標とされる成果が達成されたこと。
*CPR(Cost Per Response):見込客発見を目的としたDMや広告で、1件の見込客を獲得するのにかかったコスト。
*CPA(Cost Per Action):成果報酬型やクリック課金型の広告で、顧客一人を獲得するのにかかったコスト。
*CPO(Cost Per Order): 1件の注文(1人の顧客)を獲得するためにかかったコスト。

各広告代理店は、自社の出稿した広告データ(LTVを含む)を確認することができるので、さらなる売上につながる施策を企画・立案し、予算を適切な広告に投下することができます。

また、広告主である企業のマーケティング担当者がデータを把握し、広告代理店に伝達・指示する必要がなくなり、各代理店がデータを見て直接判断し、予算内で広告効果の最大化を図る指標として活用できます。
結果として、担当者および広告代理店双方にとっての作業効率化と売上貢献度向上を実現します。

本機能は2017年3月より提供開始予定です。


■本サービスに関するお問い合わせ:

◆報道関係の方のお問い合わせは・・・

株式会社アクティブコア マーケティング部:八木

TEL:03-6712-8601

E-mail:mkt@activecore.jp

◆一般の方のお問い合わせは・・・

株式会社アクティブコア 営業部: 平田・井ヶ瀬

TEL:03-6712-8601

E-mail:info@activecore.jp

activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。

※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。