デジタル広告とテクノロジーの今後

はじめに


検索エンジン大手とECサイトの巨人が合併して、グーグルゾンが出現し、世界を席巻する… 仮想の話ながら、話題になったEPIC2014(Flash動画)がネットを駆け巡ったのは2004年12月頃…


そ の後、「Web2.0」の概念があっという間に広がり、 昨今では何でも○○2.0が花盛りとなっています。 グーグル社によるユーチューブ、ダブルクリック買収、セカンドライフの登場と、EPIC2014どおりではないものの、インターネットビジネスは2010 年以降へ向けて新しい時代へ突入しています。


EPIC2014ではつぎのような事が示唆されていました。


合併した両社はプ ラットフォームを統合して、人間関係、属性、消費行動、また趣味に関する詳細なナレッジを把握するようになり、 コンテンツ、そして広告の包括的なカスタマイズを実現するようになる。 あらゆる情報ソースから事実や文章を自動的に抜き出して、それらをふたたび組み合わせることで、新しいコンテンツを動的に作り出し、それらをサービス化す るようになる。 既存のマスメディアはこれを阻止しようとするが…


これらはあくまで、空想の世界の話ですが、事実になるかも知れないほどここ数年でインターネットビジネスとテクノロジーは変化してきています。 ここで示唆されていることは近い将来、空想とは言えなくなるかもしれません。


この連載ではこれらのインターネットビジネスを広告を中心としたビジネスとテクノロジーの両面から追いかけてみたいと思います。