株式会社キタムラ様 導入事例

株式会社キタムラ

企業名 株式会社キタムラ様
業種 ECサイト/カメラ販売・プリントサービス
URL http://shop.kitamura.jp/
活用機能 プライベートDMP
株式会社キタムラ

WEB行動ログと基幹データを統合し、1to1マーケティングによるLTV向上を実現

導入背景 – オンライン顧客データと基幹データを統合して、精度の高い1to1マーケティングを実現したい

「カメラのキタムラ」を全国展開する 株式会社キタムラ 様は、デジタル販売チャネルとしてデジカメ・レンズ・写真用品・家電・時計など約4万点の商品を揃える「キタムラ ネットショップ」を運営していらっしゃいます。

カメラは専門性や趣向性がとても高い商品です。そのため、ユーザの興味関心にあわせたアプローチが有効であるため、専門性の高い店員による接客こそが大きな強みとなります。
そのような事情もあり、カメラ販売のネットショップでは、WEBでの直接購入だけではなく、店舗への送客というオムニチャネル起点としての役割も求められています。

しかしながら、「キタムラネットショップ」のユーザデータと、基幹システムで管理している顧客マスタ・商品マスタの統合が完全ではなかったため、店舗へのシームレスな連携が難しいという状況がありました。また、データが統合されていないため、個々の顧客単位でのLTV分析やランクの把握も十分にできておらず、すべての顧客に対して画一的なアプローチとなってしまうのが課題でした。

店舗での専門性の高い店員による接客に加えて、ネットショップでWEB行動ログによる1to1マーケティングを実現

そのような課題を解決するために、キタムラ様が導入したのが「activecore marketing cloud」でした。マーケティングクラウドを導入したことで、WEB行動ログと基幹データを一元化し、会員データを統合することができました。結果として、ネットショップ利用者の可視化や、購入商品カテゴリごとの傾向分析などが可能となりました。
また、顧客軸・商品軸・行動軸といった複数の切り口でセグメンテーションできるようになったため、効果的な1to1アプローチが実行できるようになりました。

今後は、顧客との長期的な関係を築くために会員一人ひとりのライフステージに合せたコミュニケーションを強化していきます。

● キタムラ様におけるプライベートDMP利用イメージ

ご担当者からのコメント

これまでは会員に対して画一的なメールを一括で配信していたため、その結果を見て初めて、どのような会員が施策に反応するのかが分かるという状態でした。しかし、WEB行動ログと会員データを紐づけたことにより、事前に対象セグメントはどのような属性の会員層なのかを把握することができますので、ご年配の方が多いセグメントに対してはサイトへの集客ではなく、電話でのお問い合わせや店舗への来店をご案内するなど、一人ひとりのお客様に合わせて、アプローチ方法を最適化することが可能になりました。このように、ターゲットを把握した状態で施策を考えることができますので、シナリオ作成が効率的になりました。
今後はネットショップ利用者だけではなく、プリントサービスを利用する会員やこども写真館「スタジオマリオ」を利用する会員を統合し、結婚・出産など会員のイベントに合せたアプローチを行いながら、FLTV(Family Life Time Value)の拡大をしていきたいと思います。

株式会社キタムラ EC事業部 山田 周平 様