株式会社大地を守る会様 導入事例

株式会社大地を守る会

企業名株式会社大地を守る会様
業種ECサイト/宅配サービス
URLhttp://takuhai.daichi-m.co.jp
活用機能プライベートDMP
株式会社大地を守る会

オフライン/オンラインを統合した1to1マーケティングでPDCAサイクルの大幅な効率化を実現

導入背景 – 非効率なマーケティング分析作業を見直すとともに、きめ細かい1to1マーケティングを実現したい

株式会社大地を守る会様は、約241,000名(2015年3月末時点)の利用者数を誇る宅配事業を中心に、自然住宅事業、マルシェ事業、食材の卸売り事業、レストラン事業、中国事業と多方面で事業を展開している企業様です。

同社では、宅配サービスとWEBストアでの会員統合がされていなかったため、宅配/WEBストアを統合したプロモーション効果や、会員LTVの可視化、メール/WEB/DM/カタログのチャネルを横断したOne to Oneアプローチに限界がありました。
また、会員に対して画一的なオファーしかできず、きめ細やかで精度の高いアプローチが出来ないことも課題となっておりました。

運用面においても、販売傾向の可視化についてはBIシステム、リスト抽出作業は基幹システムといった具合に、用途に応じて別々のプラットフォームを利用する必要があったため、運用負荷がかかっていました。

ビジネスの根幹を支える分析業務と見込み客のリスト抽出を集約化し、業務効率化を支援

ビジネスの根幹を支える分析業務と、マーケティングに必要な見込み客のリスト抽出を集約化、大幅な業務効率化の実現を目的として、同社が導入したのが「activecore marketing cloud」でした。

マーケティングクラウドの導入により、商品軸、顧客軸、オンラインのデータを統合した分析・リスト抽出を一元化し、精度の高い分析やプロモーション効果の可視化が可能になりました。

また、従来のBIツールでは困難だった、大地を守る会独自のLTV(ターム、メニュー)指標、配送別(自社便、日付指定など) 、担当分類別(農産、畜産など)などといった分類別での販売傾向の可視化も可能となりました。

さらに、手動によるリスト抽出からDMPによる自動抽出に移行することで、分析から抽出、反響結果といった一連のマーケティング業務を一元管理することが可能となりました。 今後、大地を守る会様では、メールオートメーションを強化し、更なる業務効率の改善と一人あたりのLTV向上を目指していく考えです。

● 大地を守る会様におけるプライベートDMP利用イメージ

ご担当者からのコメント

「これまで「大地を守る会」では、セグメントリストの抽出を手動で行っていたり、レポートの抽出業務に時間がかかっていたり等、業務効率化が大きな課題でした。今回、「activecore marketing cloud」を導入し業務効率化を図ることで、本来時間を割くべきマーケティング施策に時間をもっと割けると考えており、着手できていなかったオフラインとオンラインを統合した顧客分析も行えるため、より「個」に対しての深堀ができると考えております。今後は、分析結果を基に会員に対してよりパーソナルな情報をお届けすることで売上アップを実現できると考えており、大きな期待を寄せています。」

株式会社大地を守る会 IT戦略部 部長 小笠原 暁史様